男性 性機能障害 早漏…離婚率2倍?

男性の羞恥心まで誘発させる早漏…射精までの時間が短く、調節能力がない。それでストレスを感じているなら早漏といえます。
10人中3人がこのような早漏の症状を持っていると言われています。
しかし早漏の患者は、このような疾病を認識し、治療を受けるのは2%に過ぎないと言われています。
その理由は、常識的に考えても、今体が痛いわけでもなく、生きていく上では大きな問題ではないと考えるからです。
しかし早漏が問題になるのは、夫婦の人生の質を落としてしまうことです。

結婚前なら、個人的な問題として特に気にしない場合が多いです。
結婚後は、夫婦関係が円満にいかないと、夫と妻の両者がストレスを感じ、実際、早漏患者は2倍離婚率が高いと言われています。
それだけ結婚生活において、夫婦関係は重要だということなのです。
早漏患者は最初は一時的にコンディションが良くないと気にしないことが多く、その後その症状が繰り返されることで、どんどん自信をなくし、社会生活においても委縮してしまいます。
そういうことから、男性にとって性機能障害は人生の質を落とすと言われるのです。

早漏という強いストレスを感じ、うつ病まで発症してしまったら、専門医に相談するのが良いでしょう。
深刻なストレスではない場合は、ニューマンのような製品を使ってみるのもオススメです。

コメントを残す