夫婦関係の回数が大切…

結婚後、夫婦関係の回数を数えてみた方はいるはずです。
夫婦によって異なりますが、妻が関係を拒む場合、夫が拒む場合もあります。
何はともあれ、夫婦の営みに不満を持っていると、どうしても喧嘩することが多くなります。

実際、共働きの夫婦の場合、職場、家事、育児など、気を使うことが多く、体が疲れてしまい、夫婦関係の回数が減る場合が多いといえます。
一般的に若い夫婦なら、1週間に2~3回が平均回数といえます。
関係を持たない夫婦だと、1カ月に1回、もしくは半年に2~3回ぐらいが多く、1年に1~2回関係を持つ夫婦もいると言います。

また育児問題で妻は子供を世話し、夫は出勤しなければならなくて寝るため、別々の部屋を使う場合もあります。
実際子供を産んで育ててみると、夫婦が共にする時間は減り、そうなると会話もなく過ごす時間が多くなります。
しかしこのように過ごしていると、お互いに対する不満が積り、意思疎通が断絶されてしまい、夫婦喧嘩はしばしば起き、さらには離婚する確率も高くなってしまいます。

実際夫婦の営みは、欲求の解消や快楽のためではなく、夫婦間の親密感を高めるのに重要な役割を果たしています。
そのため夫婦関係の回数が少ないと、それだけお互いの距離が離れてしまっていると言えるでしょう。
もちろん中年夫婦になると例外ですが、1週間に1回程度は夫婦関係を持つのが健康にも良いのです。
中年夫婦の場合、夫の勃起力低下で営みが満足にできない場合が多くあります。
そんな時はニューマンのような性機能強化リングを着用すれば、勃起力の強化をサポートし、夫婦関係の満足度を高めてくれるでしょう。

コメントを残す