50代 勃起力低下で夫婦関係終了?

年を取ると、体が以前と同じようにとはいきません。
特に50代に差し掛かると、体力も落ち、性機能障害もやってきます。
やはりこれまで喫煙、飲酒をたくさん行ってきているでしょうし、年を取るごとに身体機能が低下するのも仕方のないことです。
もちろん普段から健康管理をちゃんと行ってきていれば、50代でも身体年齢は30歳と言う方もいるでしょう。

しかし健康管理をちゃんとやってきているという方はあまりいません。
大多数がただ生きるのに一生懸命で、ストレスを感じることも多く、飲酒、喫煙を頻繁に行い、いつも疲れているから運動は全くしないでしょう。
50代で勃起不全の症状を感じている方はたくさんいるでしょう。
このような症状が繰り返されるのは、健康の赤信号といえます。
もちろんちゃんと勃起しないからと言って、生きていくのに問題はありませんが、勃起力が低下しているということは、それだけ糖尿、高血圧、心血関係疾患が原因のため、健康ではないと解釈できます。
もちろんストレスをたくさん感じたり、憂鬱、不安障害を抱えていても勃起不全の症状が現れることがあります。

そのため普段から規則的な生活習慣と、有酸素運動を行い、過度の飲酒は控え、禁煙をするのが良いでしょう。
またストレスを解消するのも大切です。
同じ50代でも性生活に全く問題のない30代のような体力を持った方もいるし、反対に体が衰えている方もいます。
それだけ健康管理は普段からどのように行っているかによって、性機能障害も遅らせ、予防できるということです。

コメントを残す