夫の精力強化! 妻の称賛が大切だ!

女性が知ることのない、男性たちの悩みは何でしょうか?
男性は女性を満足させなければならないという強迫観念を大多数が持っているということです。
そのため男性が女性との営みのあと「良かった?どうだった?」と習慣のように聞く理由は、自分のパートナーが満足できたのか確認するためなのです。
男性が女性を満足させなければならない理由については省略します。
実際勃起不全の原因として、心血関係疾患が問題になりますが、心因性の疾患もあります。
言いかえると、心理的な要因が大切ということです。

もちろん女性とこのような男性の気持ちをある程度は知っているので、場合によっては演技をすると言います。
実際心理的な部分が重要な理由は、気持ちが萎縮すると、体も委縮し、特に男性は精力が自身の力だと思う傾向があります。
もし夫に「まともにできないくせに、何なの…」なんて言ってしまった日には、プライドをかなり傷つけてしまい、夫婦関係が悪化してしまうかもしれません。
夫が営みを拒否する理由も色々ありますが、このような部分で自信をなくし、それがひどくなるとうつ病にかかることもあるのです。

特に男性の多くは早漏です。
男性自ら、かなり早く射精してしまうのをわかっているので、思ったよりもかなりのストレスを感じています。
しかし妻や恋人が「もう終わり?」などと言ってしますと、表には出さなくても、精力に良いものを探し、精力強化をしようと血眼になるのです。
そのような男性の気持ちをわからないまま持続的に不満をぶつけていると、男性の体はもっと悪化し、営みを避けることになってしまいます。

今後夫の精力強化のために妻たちが「良かったよ、サイコー」などという言葉をかけてあげると、そういう言葉を言ってもらえた夫は最善を尽くそうとします。
男性はお金が稼げなくてもプライドが傷つき、自分の女性を満足させられなくてもかなりプライドが傷つきます。
そのため夫をもっと頑張らせるのは、称賛です。
たくさん褒めて、満足感をあらわにすることで、いつの間にか元気のなかった夫も、精力強化のために頑張ろうと思い始めるのです。

コメントを残す